放課後等デイサービスとは

小学校~高校に通う障がいのある児童が、学校帰りや土・日・祝などの学校休業日や

夏休みなどの長期休暇に利用する通所訓練施設です。

 

障がいのある子どもの放課後は、通える施設が少なかったり、普通学級の子どもが通う学童保育所になじめなかったりして、過ごし方に悩む場合が少なくありません。

 

発達の遅れが気になる子」「集団行動が苦手な子」「学習の遅れが気になる子」も

楽しく過ごせる場所が放課後デイサービス施設です。

 

児童デイサービス・アニマートあまがさきでは、お子様・保護者様も最高の笑顔で毎日を過ごせるために、心の教育、心のサポートを大切にお預かりしております。

 

■対象となりますお子様

身体障害・知的障害・精神障害・発達障害をもつ児童及び、その疑いが想定されるお子様が対象です。

サービスの利用には、受給者証の発行が必要になりますので、お住まいの市区町村にて申請を行って下さい。利用の可否について、市区町村が調査して判断します。

 

■現在の放課後等デイサービス

平成24年4月1日施工された障害者自立支援法と児童福祉法の改正によって、創設された放課後等デイサービス。

 

文部科学省の調査では通常学級の児童生徒の6.5%程度が発達障がいの可能性を示唆。

 

発達障がいに対する理解と認知の広がりに伴い、利用者数は、平成24年サービス開始時に51,678人だったのが、昨年、平成26年2月には70,955人となりました。

 

 


copyright© 合同会社aym. All Rights Reserved.
copyright© 合同会社aym. All Rights Reserved.